院内のご案内

各階のご案内

本館

本館写真
4階 4病棟 病室 400〜422、デイルーム、スタッフステーション
3階 3病棟 病室 300〜322、デイルーム、スタッフステーション
2階 2病棟 病室 200〜223、デイルーム、スタッフステーション、手術室、渡り廊下(管理棟、療養型病棟、老健棟へ)
1階 1診察室、2診察室、3処置室、4診察室、5診察室、6処置室、7注射室、8 MRI室、9CT室、10一般撮影室、11 X線テレビ室、12脳波検査室、13検査室、14診察室、15診察室、16処置室、17診察室、18診察室、物理療法室、救急処置室、総合受付、薬局、売店、ラウンジ など

管理棟

管理棟写真
2階 医局、看護管理室、入院入所相談係、地域医療連携室
1階 総務係、多目的ホール、応接室、会議室

療養型病棟

療養型病棟写真
6階 8病棟 病室800〜831、食堂・談話室、スタッフステーション
5階 7病棟 病室700〜731、食堂・談話室、スタッフステーション
4階 6病棟 病室600〜628、食堂・談話室、スタッフステーション
3階 5病棟 病室 500〜528、食堂・談話室、スタッフステーション
2階 一般浴室、特殊浴室、人工透析室、機能回復訓練室、X線室
1階 丹波市西部地域包括支援センター

老人保健施設棟(介護老人保護施設ひかみシルバーステイ)

老人保健施設棟写真
2階 サービスステーション、診察室、食堂・談話室、入所デイ・ルーム、ボランティア室、特殊浴室、理髪コーナー、居室201〜223
1階 サービスステーション、家族相談室、食堂・談話室、家族介護教室、一般浴室、特殊浴室、居室100〜123、ひかみ訪問看護ステーション、大塚病院居宅介護支援事業所

所定疾患施設療養費

介護老人保健施設において、入所者の医療ニーズに適切に対応する観点から、肺炎や尿路感染症などの疾病を発症した場合における施設内での対応について、以下のような条件(算定条件による)を満たした場合に、介護報酬等において評価されることとなっております。
当施設では、ご入所者様への安心のご提供等に資するべく、また、所定疾患施設療養費を適切に算定するため、治療の実施状況をご報告しております。

平成28年度 所定疾患施設療養費の算定状況

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
肺炎 36 45 108 14 42 11 40 216 75 120 31 21
尿路感染症 14 3 7 31 19 21 27 26 23 11 14 10
帯状疱疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

平成29年度 所定疾患施設療養費の算定状況

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
肺炎 21 69 7 21 0 38 35 46 38 10 21 12
尿路感染症 3 0 11 22 14 7 26 1 9 3 7 34
帯状疱疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

算定条件

  1. 所定疾患施設療養費は、肺炎等により治療を必要とする状態となった入所者に対し、治療管理として投薬、検査、注射、処置等が行われた場合に、1回に連続する7日間を限度とし、月1回に限り算定するものであって、1月に連続しない1日を7回算定することは認められないものであること。
  2. 所定疾患施設療養費と緊急時施設療養費は同時に算定することはできないこと。
  3. 所定疾患施設療養費の対象となる入所者の状態は次の通りであること。
    イ 肺炎
    ロ 尿路感染症
    ハ 帯状疱疹(抗ウイルス剤の点滴注射を必要とする場合に限る)
  4. 算定する場合にあっては、診断名、診断を行った日、実施した投薬、 検査、注射、処置の内容等を診療録に記載しておくこと。
  5. 請求に際して、診断、行った検査、治療内容等を記載すること。
  6. 当該加算の算定開始後は、治療の実施状況について公表することとする。公表に当たっては、介護サーピス情報の公表制度を活用する等により、前年度の当該加算の算定状況を報告すること。

グループホーム棟(認知症対応型共同生活介護ひかみシルバーホーム)

グループホーム棟写真
1階 寮母センター、居間・食堂、台所、家事室、浴室、個室1〜9
ページのトップへ